Aloha Nui Loa -Precious Happiness-

ハワイ在住35年のやすみんの日常生活のあれやこれやの日記です。アメショのチキとガーデニング、料理、ハイキング、ランニングが大好き。

2回目のブースター接種と体温計購入時のギモン

Aloha 🌺
おはようございましっ。金曜日の朝を迎えたホノルルです。
昨日は、仕事の後、会社の近くにあるCVS(Longs Drugのファーマシー)に立ち寄って、
2回目のブースター接種(ファイザー)を受けてきました。(事前予約済み)
私は、1回目はJohnson & Johnsonだったので、2回目の接種は不要で、
昨年末に1回目のブースター接種(ファイザー)を受けました。
ということで、計3回目となります。

今回、日本に帰国した際、妹の接種の予約の場面に遭遇したのですが、
日本の接種予約のシステムって、非合理的だなと思いました。
(後述記載しているのは、私の地元の自治体のお話です)

一つには、やはりスマホやインターネットを使いこなせない方には、
予約を入れるのも至難の業であること。
二つには、電話で窓口に連絡を入れても融通の利かない応対の通り一遍で、
予備策の対応、助言がないこと。(どうすることも出来ないからと放置状態)
三つには、接種回数が遅れている人に対しての対応してくれる病院や接種会場がないこと。

妹のやりとりを見ていて、側で見ている私が憤りを感じる程でした。
接種を推奨するのであれば、もっと簡素化されていないとストレスだなと思いました。

そう思うとハワイでは、大きな病院での接種会場は現在は閉鎖されていますが、
オアフ島内に沢山あるCVS(Longs Drugのファーマシー)では、インターネットで予約、
事前問診入力もできるし、電話での対応もしてくれています。
加えて希望する薬剤、ファイザーかモデルナも選べました。

その他に私観ですが、日本では、接種後に発熱をしたり、
倦怠感で仕事を休んだりしたという報道が
沢山されていて、事実を報じているのかもしれませんが、
不安を煽る報道の多さに思わず眉をひそめてしまいました。
ハワイでは、そんな報道は1回目の接種の頃にはあったかもしれませんが、
その後は皆無です。

この7年間に10回程の大きな手術をしている私のカラダでも、幸いなことに
ワクチン接種での反応は、数日間の接種した腕の痛みぐらいで殆どありませんでした。
(もちろん、接種した薬剤の種類や人それぞれ反応は違うと思いますが)


さて、タイトルにもありますが、今回、2年4ヶ月ぶりに帰国した際、
ドラッグストアで摂氏表示(℃)の体温計を新調しようと購入しました。
長年、米国在住していますけど、華氏表示は未だに慣れず、冷蔵庫に華氏と摂氏の換算表を貼ってます💦

オムロン体温計

この体温計を買ったのですが、選ぶ時に時間をとられました。
それは、販売されていた体温計には実測型と予測型の2種類があり、
実測型だと検温の時間が10〜20分と表示されていたこと。
検温にそんな時間取られるのはちょっとイヤだな・・・と
お店の人に聞いて、予測型のものを購入しました。
予測型だと検温に要する時間は、10秒程度。

非接触式

コロナ禍になってから、我が家もこの様な体温計(米国なので 華氏表示 °F)を購入。
勿論、普通のデジタル体温計もあります。双方ともに、検温の時間は10秒もかかりません。

病院に行くことも多いので、病院では必ず検温されますが、おでこを検温器で左から右に
なぞるだけで、検温されます。ものの5秒程でしょうか。

お店で体温計を選んでいる時に、こんなことが頭をよぎって

10〜20分もかけて検温する必要はあるのか?
実測型?予測型?
10秒で検温できる予測型で十分じゃ?

自問自答していたので、購入するのに時間がかかってしまったんですが。
未だに検温に時間を要する実測型の体温計については、疑問が残っていて・・・。
ちょっとググってみたんですけどね、(オムロンサイトでの説明)

用途目的の違いについての記載がないので、今ひとつその存在(実測型)を理解できていないんです。
ご存知の方、いらっしゃいますか?

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

関連記事
スポンサーサイト



Last Modified :

Comments







非公開コメント